活動している国々の紹介

インド

  • 面積  328万7千km2(日本の約9倍)
  • 人口  11億3,000万人
  • 言語  公用語はヒンディ語
    言語  公認言語は21

1984年、インドにおいてハンガープロジェクトの活動が開始され、現在では28のうち10の州で活動を展開しています。

インドの人口は、11億3000万人で、80%の人々が1ドル〜2ドル以下で生活しており、47%の子供たちが栄養失調のため体重不足となっています。

自立のために人々を動員し女性を力づけ、健康、教育、栄養、人口と環境面における改善と向上を図っています。

カントリーディレクターのリタ・サリン女史(写真左)と女性たち(写真右)

また、インドの憲法で定められているパンチャーヤット(村会議の3分の1は女性議員であること)に選ばれた71,000人以上の女性たちが、リーダーシップを発揮できるようにトレーニングすると共に、55の市民組織とパートナーシップをとっています。

バングラデシュ人民共和国

  • 面積  14万4千km2(日本の約40%)
  • 人口  1億5,000万人
  • 言語  公用語はベンガル語

1990年にハンガープロジェクトの活動を開始し、現在64の全ての地区をカバーしており、国内における最大の組織となっています。

バングラデシュの人口は、1億5000万人で、49%の人々が貧困ラインにあり、子供たちの栄養失調率は、48%となっています。

114,000人以上のボランティア・アニメーターが各地で活動しており、地方政府と協力してトイレの設置と出生・死亡登録を100%に持っていくための予算会議を開催しています。

リーダーシップのトレーニングの開催、早婚に反対する運動や栄養失調、母親と子供たちの死亡率、性差別と不平等についてのワークショップが行われています。

写真左からカントリーディレクターのバディル博士、少女の日行進、小学生、女性

2007年、若者によるボランティアは152の異なるキャンペーンを組織し、栄養、教育、家族計画、植林、環境教育の問題について議論し、献血運動など推進しました。

毎年9月30日は、300の同盟組織と「Girl Child Day」(少女の日)イベントを開催しており、家庭内暴力とHIV/エイズの蔓延防止に取り組んでいます。

このページの上へ